えぼし荘スタッフブログ

2011年9月アーカイブ

今日の野田村産の食材

| コメント(2) | トラックバック(0)

今日の朝捕れ捕れの魚介です。野田村近海のお魚も徐々に復活してきました!

 

 

久喜浜より今朝あがった活アワビと、鮑の下に岩のように見えますが・・・もう少しで旬が終わる活ホヤです!

鮑グリグリ動いてます!今日の鮑プランのお客様用で、踊り焼きか活刺身が選べます☆☆☆

ホヤも塩水ピューピュー出して、潮の香りが厨房に漂っています!!!

IMG_0786.JPG

 

 

サバもキラキラしています。

IMG_0774.JPG

 

やはり、新鮮なイカは色が違います!!

IMG_0775.JPG

 

わらさ(ぶりの幼魚)も良い顔してますねぇ ^_^

IMG_0776.JPG

 

ヒラメちゃんもピチピチ♡

IMG_0778.JPG

 

ツブ貝もコロコロ~プリプリ~なんか良い感じっすね~♡

これが今日の宿泊のお客さんのお膳につく魚達です~!是非、皆さんも三陸の新鮮な海の幸を食べに来てくださいね♡

IMG_0770.JPG

えぼし荘別館の南部曲り屋のうらにある柿の木が、台風で何か所か折れてしまいました(泣)

毎日、楽しみに成長を見ていたのですが、台風の後を見たら・・・

 

 

台風による強風で、 柿の木の隣の木はバキバキ折れていて悲惨な状況で・・・

IMG_0765.JPG 

 

 

ガーン(涙)

柿の木の枝が折れてるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ

IMG_0757.JPG

 

この枝は大丈夫みたいですね。まだまだ産毛が生えていて若々しいっすねえ☆

IMG_0762.JPG

 

まだまだ青い実がいっぱいあるので、ちゃんと実って赤くなればいいっす♡

大きくなれよぉ~色々生きていくのは大変だし・・・

猿も出没するし・・・カニは水槽に居ますし、まだまだ蜂もいますけど・・・

馬糞とウスはさすがにここには無いんですが・・・

って、おまえは!えぼし荘でサルカニ合戦か!?(爆)みたいな・・・と一人つぶやく・・・

IMG_0764.JPG

台風の後・・・

| コメント(2) | トラックバック(0)

えぼし荘の露天風呂から、海を眺めています。

昨日から今朝までの大雨が嘘のように晴れています。

 

 

海が二色になってますね・・・

IMG_0752.JPG

 

 

少し波は高いですが・・・

IMG_0753.JPG

 

外の空気は、超~気持ち良いっす^_^

 

 

IMG_0754.JPG 

 

今日は、山葡萄狩りバスツアーのメニューの試食会をしました!

 

 

えぼし荘の自慢の料理人山口が心を込めて作った創作山葡萄寿司です。

 

上から、変り稲荷山葡萄風味(エビとエビ子と特製厚焼き玉子と地元農家の胡瓜)

向かって左は、花形山葡萄巻き寿し(蛯子と自家製シソの山葡萄酢飯巻き)

右は、野田産イカの山葡萄酢飯にぎり寿司

他にも色々金糸玉子で巻いた寿司や創作寿司も並んだのですが、この三点盛りに決定!

IMG_0746.JPG

 

 

 

 

野田村銘柄豚『福来豚ふくぶた・』のもも肉を二日間、山葡萄と赤ワインの特製ソースで煮込んだ柔らかいお肉に

またまたソースをかけ、上のガロニチュールは、秋の味覚・菊・焼き栗・きのこ・きぬさや・そして葡萄(当日は山葡萄)にしました。

IMG_0748.JPG

 

 

 

野田村産の刺身と南部鶏の玉子で作った茶碗蒸と近所で作った胡瓜の漬物・味噌汁を添えて、1,500円定食にしました!

どうですかね?

IMG_0750.JPG

だんぶり!!!

| コメント(2) | トラックバック(0)

青く光るだんぶりを捕まえました!

『だんぶり』とは地元の方言で、『とんぼ』のことです。

えぼし荘の池周辺には、オニヤンマ・シオカラトンボ・ギンヤンマ・のしべとんぼ・みやまあかね・などのとんぼが遊びにきます。

特にレアなトンボは、『マルタンヤンマ』という大型のとんぼで、オニヤンマは文字通り

黄色と黒のシマ模様ですが、マルタンヤンマは、青と黒のしま模様のとても綺麗なトンボです。今年もマルタンヤンマいたのですが捕まえられませんでした。

 

 

捕まえたのは『ギンヤンマ』です。くもり空なので綺麗に写りませんが、ちゃんと写そうと思って、胴体を持とうとしたら・・・

噛みつかれました!!結構、久しぶりに噛まれたんですが痛かったですね(爆)

IMG_0702.JPG

 

素朴な疑問ですが・・・

ギンヤンマもギンバエも、青緑に光っているのに、なんで『銀』って言うんでしょうねぇ・・・

まず、写真撮影を終えたので逃がしてあげました。また来年も遊びにきてね!!

IMG_0719.JPG

 

激痩せ・・・

| コメント(2) | トラックバック(0)

えぼし荘の人気者の小紋ふぐちゃんが・・・

ストレスの為か拒食症になったのか、激痩せしました・・・

おなかと背中がくっつきそうです 涙

IMG_0591.JPG

 

これは一緒の住んでいる、まるまる太った彼岸ふぐです。この違いはなんでしょう・・・

※彼岸ふぐの名前の由来は・・・結構ブラックな話なので控えます。彼岸といえば・・・怖!

IMG_0725.JPG

 

まつかわ鰈の仲間達は、慣れてしまい、こんなにエグザイルのチューチュートレインのオープニングダンスを披露し、愛想を振りまいてくれるのに・・・

※まつかわ鰈は高級食材で、刺身も絶品ですし、煮ても焼いてもかなり美味いのですが・・・

こんなに寄ってきて、見つめられて餌を強請られると甘やかしてしまうんですよね~

IMG_0723.JPG

 

 

この可愛い目のどんこちゃんに聞いても答えてくれません・・・

※どんこ(エゾイソアイナメ)は肝と和えて刺身で食べても、鍋にしても、焼いても美味しいんですが、慣れてくると食べれなくなりますね・・・

IMG_0594.JPG

私の同級生のお母さんの小野寺信子さん畑に行ってきました。前から、いろいろなアイディアを出して野田村の昔ながらの食にこだわり、イベントや店で、料理などを出している小野寺さんなので、また美味しいものを試食させてもらえそうな感じ☆と思い現場へ急行・・・

話を詳しく聞いたら、今回の大震災で、仕事を失った方々を雇用して畑で働いてもらい、事業を大きくしていこうと今、頑張っている最中みたいで、自慢の野菜の味を見てほしい!!との事。

 

いざ、畑に潜入・・・

 

おっこれは・・・何の花だと思いますか?    って見えていますよね(笑)       ニラです。

とってもチャーミングで清楚な花ですね~

IMG_0657.JPG

 

人参やキャベツなどいろいろあったのですが、広くて、全部写しきれません(笑)

IMG_0671.JPG

 

 

きゅうりがツヤツヤしています。

IMG_0666.JPG

 

良い眺めです。やはり、植物が一生懸命生きている姿は元気をもらえますね♡癒されます。

IMG_0667.JPG

 

収穫 収穫

IMG_0664.JPG

 

そして、直接、食べる(爆)

美味しい!!

ん!?なんか、何もつけていないのに、塩味や海の香り・・・そして、このミネラル感はなんだろう??

IMG_0673.JPG

 

『まあ~トマトも食ってみでぇけでぇ~!うめぇすけぇ~』と採ったばかりのトマトを差し出す信子さん。

IMG_0676.JPG

 

すぐさま遠慮しないで食べる私(笑)

マジで美味いっす!!!塩をつけていないのに、程よく旨味があり、信子さんに聞いてみると・・・

理由がちゃんとありました!

実は、肥料に帆立や牡蠣の殻、鰹などのエキスを使ったものを特別に仕入れていて、それをふんだんに使用しているらしく、このなんとも言えないミネラル感や海の風を感じたのはそのせいだったんですね~いやぁ~感動っす!そのままサラダ♡

IMG_0681.JPG

 

 

ということで、いっぱい地元の美味しい野菜を頂き、えぼし荘に帰る私・・・さぁ!ニラも沢山あるし餃子たくさんつくれるぞ!っと

IMG_0677.JPG

 

小野寺信子さんありがとうございました!前回の新作料理同様、呼んでいただければすぐ駆けつけます(笑)

ついに、この季節になりました!!下安家の漁師のブログでも有名な(笑)

この高級食材が山に溢れる岩手県・野田村は、やはり改めて素晴らしい自然に感謝です。

海・漁業は大打撃を受けましたが・・・

 

この見事なまつたけを見ると、つい笑顔がこぼれてしまいます。いや~幸せっす♡033.jpg

 

私の携帯と比べて、この大きさ!(形も芸術品ですね)

香りを伝えられないのが残念です~超~いい香り♡♡♡

このまつたけは、関東や関西の料亭に出荷されるもので、1キロ〇万です。

036.jpg

 

昨日、休日だったので、佐藤さんに無理を言って押しかけて、葡萄畑を見せてもらいに行きました。

野田村は岩手県内、外でも有名な良質の山葡萄産地であります。私は仕事柄ワインと食(お酒全般)が大好きで、ワイナリーや葡萄畑を歩くのが趣味なので、この空間は、すごく心が癒されます。

ebosisou 053.jpg

 

この日も雨が上がって晴れ間が出た後の佐藤さんの葡萄畑はとても輝いていて感動するくらい綺麗でした。

ちゃんと手入れの行き届いた綺麗な葡萄畑は、眺めているだけで癒し効果になります。

ebosisou 054.jpg

 

沢山の葡萄が育てられていたので、ここで数種類紹介しようと思います。

 

この輝くばかりの粒!東北地方では多く作られている生食用品種 『キャンベルアーリー』です。

ムーアアーリーと『ベルビデレ×ハンブルグ』の交配品種

これがもう甘さは出てまして、もう少しで美味しく食べれるなぁ~♡と思わせてくれるわくわくティストでした。↓

ebosisou 057.jpg

 

 

 

ご家庭でも、定番品種の『デラウェア』↓

ebosisou 059.jpg

 

 

 

これもみなさんお馴染みの『ナイアガラ』 品種 コンコード×キャサディの交配種↓

ebosisou 060.jpg

 

 

これは山葡萄品種『葛巻』です。酸味が強烈な山葡萄のイメージそのままの山葡萄。↓

ebosisou 047.jpg

 

 

 

これは山葡萄品種『平谷』です。野田村古来の品種です。寒さに強い野田村民のような強い山葡萄です。↓

ebosisou 044.jpg 

 

 

 

これが山葡萄品種『野村』です。私も注目している品種なんですが、早熟なのでもう甘味が出ていて、酸もしっかりしていました。この品種をうまく熟させて、干しブドウ状態で絞れば、量は少ないですが、とんでもなく美味しくて贅沢なワインができそうです。

野田村を始め北三陸沿岸地区には夏には『やませ』という霧を含んだ冷たい風が吹きますし、秋の収穫時期はあまりギリギリまで待つと気候が不安定なのでリスクが伴いますが、イタリアのアマローネのような、ここにしか出来ないアルコール度数の高いワインを将来的に作れれば素晴らしいんですが・・・↓

bosisou 041.jpg

 

 

食べました ♡  私の手のひらは色白ですが、手の甲はどす黒いです(爆)

ebosisou 052.jpg

 

 

これが『岩木』です。(キャンベルと山葡萄を交配した品種ですがこれも甘味が少し出てました)秋田では、デラウエアと山葡萄の交配品種も岩木と言っていう説もあります。いろいろ調べましたら、正式品種名は『岩木山』だと思われます。↓

bosisou 038.jpg

 

また収穫時期に無理やり訪れて、葡萄を観察したり食べさせて頂きたいと思います。

佐藤さん本当にありがとうございました。懲りずにお付き合いしてください。

 

えぼし荘の別館・曲り家

| コメント(0) | トラックバック(0)

えぼし荘の敷地内にある曲り家は、宴会・宿泊も出来、なかなか風情がある建物です。

 

たまに何日かに一回、囲炉裏に火をつけているのですが、茅葺屋根の保存や虫よけの為に、重要な作業です。

IMG_0614.JPG

ちなみに鍋の中身は・・・秘密です♡

IMG_0612.JPG

♪まっ黒くろすけ出ておいで・・・

IMG_0611.JPG

 

実は隣の敷地に3月11日の大津波で流された『のだ塩工房』が出来ます。

なかなかの絶景スポットになるのではないでしょうか。

私の知り合いの盛岡の飲食業関連の方々をはじめ、全国各地から、『野田の天然塩』の復活を待つお客様の声が

多数寄せられております。本当に有難いです。

IMG_0610.JPG

はっきり言って、銀鮭とサクラマスは見た目では、プロでない限り区別がつきませんが、まったく違う種類みたいです。

もちろん白鮭と銀鮭も違います。キングサーモン・カラフトサーモンももちろん違います(爆)

超ピカピカのシルバーバデェー☆

IMG_0600.JPG

筋子もびっちり・・・これから寿司職人の手にかかり、独自の味付けが施されます。

きらきらして、プリプリっすね♡

IMG_0601.JPG

 

鮭は三陸沿岸地区では昔から厳しい冬を乗り切る大事な食糧源です。

頭も中骨も血合も、ほとんど捨てることなく使います。

地元の秋・冬野菜たっぷりのアラ汁も最高ですし、シンプルにカリカリの中骨や頭の塩焼きも日本酒のつまみにグッドです!!

IMG_0605.JPG

この脂ののった綺麗な身も、芸術ですね☆♡

IMG_0606.JPG

毎日、厚焼き玉子を期間限定390円弁当の為に仕込んでいます。

IMG_0597.JPG最近、寿司担当の山口料理人が作っているんですが、餃子からラーメンから寿司まで器用にこなすので非常に助かっております。

IMG_0595.JPG

どんどん出来てきています。

IMG_0596.JPG

山口さんは、野田村の海岸沿いに店を構えていましたが、3月11日の震災により、すべて建物を流されました。

でも、いつも明るく嫌な顔一つしないで、仕事をこなしています。

照れ屋さんなので顔の写真は、控えさせていただきます(笑)

餃子の時は、横顔は出ていましたが・・・

 

赤いひまわり

| コメント(1) | トラックバック(0)

私、全然、えぼし荘とは関係無い話をしますけど(爆)

斉藤和義というアーチストが好きで、いつも聴いているのですが・・・

その沢山の歌の中に『赤いひまわり』という題名の歌があり、空想の花なのかな?本当にあるのかな?と・・・

ずっと気になっていたのですが・・・えぼし荘の庭に見事に赤いひまわりが咲きました。

本当にあるんですね!赤い向日葵!!

 

♪彼女はとても退屈な女 剥かれたリンゴ疑いもしない・・・

 

ん~なんて、考えさせられる歌詞なんだろう・・・

 

歌詞の中では駐車場に赤い向日葵が咲くのですが、

中庭に咲きました。

 

と個人的な趣味の話は抜きにして、本来、ヒマワリの花言葉は、

himawari.jpg『ずっと、あなたを見つめています』なのですが・・・

 

 

 

himawari aka.jpg実は、赤い向日葵は、『あなたは、素晴らしい』となんともポジティブな花言葉なんです!

 

なんか今の野田村の人々を応援しているようなそんな気がして・・・

勇気をもらいました!私もまだまだ頑張らないとだめだなぁ~!!と。

 

赤い向日葵は、中南米にあった古代アステカ帝国の国花で、太陽神のシンボルだった由緒ある花らしいです。

またまたガラス窓に・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

今度は、子供のフクロウが窓に激突し・・・可哀想なことになりました(涙)

 

 

かといってガラス窓は綺麗にしないと駄目ですからね・・・なんか地球全体の磁気とか自然環境とかが少しずつおかしくなってきているのでしょうか・・・

IMG_0574.JPG

 

『はまなす』は、野田村の村花です。

えぼし荘の庭には、毎年、夏になると、ハマナスの花が咲き乱れ、夏を感じさせてくれます。

晩夏の季語にも使われるこの浜茄子ですが、もともとは、実が梨の形をしていて、砂浜に生えることから・・・浜梨が、

東北なまりで、

『はまなぁすぅ』になったとかならないとか。

 

 

IMG_0578.JPG実は・・・前からかなり気になってしょうがなくて、ついに、今日、はまなすの実を勇気を出して・・・

食べました!!!(爆)

 

うっ・・・この味は・・・すもものような・・・それでいて食感は柿のような・・・

なんとも、ノスタルジックな甘酸っぱい素朴な懐かしい味がします・・・

40歳を過ぎての初体験♡

 

知ってましたか?あのハーブティーで良く使われるハイビスカスと混ぜて使う

『ローズヒップ』は、このハマナスと同じ種類なんですよ!!!

ん・・・ということは、ローズヒップ・・・バラのようなおしり・・・お尻のような薔薇の実・・・って意味ではないか(爆)

まずかなりビタミンが豊富らしく、第二次世界大戦でイギリスでは、オレンジの代わりのビタミン源として集められた噂もあります。